浮気調査中の恐怖体験談

先日、浮気調査中に対象車両を追いかけて追いかけて追いかけた先の暗闇でドキっとした話です。

ホテルから出た車両の追跡。夕方だった為、自宅方向に向かうであろうという推測は外れ、間逆へ突き進む対象車両はどんどん山を登っていきました。行き先不明の追跡中ってやっぱり個人的にいろいろ考えてしまい、「ご飯食べに行ってるのかなー」とか「買い物かなー、ホテルかなー、ドライブかなー」とか、勝手に妄想しています。笑

完全に日が暮れてきましたが、まだまだ突き進む対象車両。国道とはいえ、運転している自分も酔いそうになるほどの山を登るので、「もしかして浮気相手と2人で悪い気おこしてるんじゃないよね?!」と心配さえしました。町から山を越え、県境を越え、お隣の県の町を越え、更に違う山へ。途中雨もふり、気温も下がり、車のライトに照らされる道には霧による白い煙が渦巻いていました。
そして、数時間ずっと国道を突き進んだ対象車両がついに、左右森のようなかなりの小道に曲がった。曲がってしまった。。更に追跡を続けるとその道は街頭もほとんどなく、人も車もない。真っ暗闇の中、車のライトの灯りでたまに見えるのは、消灯した民家と、林と、虫と田んぼと、崖。
「ホラー映像みたいだなー」と思いながら周囲を見渡しながら進んでいたその時!林の奥方向に目をやった瞬間、急にでかい耳鳴りと寒気が!!!
さすがにドキっとしました。そして細い道から渦巻く白い煙が恐怖感を倍増させるんですねぇ。そのあとわりとすぐに対象者の行き先が分かった為、急ピッチで国道まで戻り、来た道を帰りました。

余談ですが、私が1回だけ電話に出損ねた際、行き先をストリートビューでみた専務は、私が崖から落ちたんじゃなかろうかと心配されていたそうです。笑

もし何か連れて帰ってきてたらいや~な感じでしたが、それはなさそうです。
きっとホラースポットに足を運ぶ人たちは、こんな体感なんだろうなと思いました。できることならば「夜・雨・暗闇」で同じ場所は通りたくないものですが、普段、本気で驚いたり、ドキっとする程怖いと感じたりあまりしないので、いい体験になったと、前向きにとらえることにします!

カテゴリー: 浮気調査中 | タグ: , | コメントする

浮気調査の目的

~浮気調査の目的~
 ・真実を知るため
 ・相手と別れさせて、関係を修復するため
 ・浮気を確定させて、離婚を成立させるため
 ・浮気相手及び配偶者に対して、慰謝料請求をするため
 ・離婚の際に、相手との交渉(協議・調停・裁判)を有利に進めるため

 改めて文字にすると、少しナイーブに考えてしまいますね。
 しかし、弊社では、証拠集めを最終的な目的とはしておらず、浮気の疑いや事実に対して悩む毎日からの解放、、少しでも幸せな日常を取り戻すためのサポートなど、前向きな目的を前提として調査させていただいております。
 人生は一度きりです!ご相談、お見積は無料です。お気軽に、ご相談ください。  

 ★「浮気調査 西日本リサーチ」で検索!

カテゴリー: 浮気調査 鹿児島 | タグ: , , | コメントする

周囲の視線

張り込み時にいつも注意しているのが近隣住民の視線です。
場合によっては長時間同じ場所に居座って張り込みを行う訳ですが、車であれ、生身であれ、同じ場所に滞在し続ければ付近の住民からすると不審者そのものに映っても仕方がありません。
最近はニュースなどで、まったく面識の無い人からの傷害事件なども度々起こっています。周りの住人が敏感になるのも当然です。
調査を行う以上、少しでも周りの住人に警戒されない様に気を配って調査を行いたいと思います。

カテゴリー: 探偵日記(鹿児島) | タグ: , | コメントする

思い立ったら…

世にある小説の中で、世界最長の物語【非現実の王国で】と言う物語の存在をご存知でしょうか?

総ページ数15000ページ、そして挿絵となる300枚以上に及ぶ巨大な極彩色のイラスト(ものによっては3メートル以上の物も)、著者の名は「ヘンリー・ダーカー」生涯の半分以上を作品の制作に費やし、約60年間誰にも見せず、知らせずに執筆し続けた作品となります。

彼は作家であり、画家であり、そして、掃除夫の浮浪者然とした風貌の孤独な人物であったと言われております。
生前彼が、病気で入院した際にアパートの大家が彼の部屋を整理のため訪れた時に作品の存在に気付き、シカゴの芸術コミュニティに持ち込んだのが切っ掛けで世に知られる事になりました。(多大な評価を受ける事になったのは彼の死後、最も評価を受けた作品では1枚の挿絵で2500万円の値段が付いたとの事)

独特の世界観でのこの作品、現代でもファンは少なからずおり支持されておりますが、一般的にはあまり知られておらず、どちらかと言うとマイナーな部類となります。

日本国内でもDVDとして作品のドキュメンタリーが販売されており、実はしばらく前にこのDVDが某リサイクルショップにて売られいるのを発見しました。
私は特別ファンという訳ではありませんが、何と無く興味があったので購入するか検討しましたが、値段を見ると8500円、意外と高い!
仕方なくその日は断念、ですがやっぱり気になってしばらくして再び店舗を訪れましたが、商品は無くなっておりました、残念。

まぁ何と無くで購入を考えていたので諦めはつきました。
只、あとで知りましたが価格としては安い方だった様で、やっぱり迷ったら即購入するべきだったとも後悔しました。

思い立ったが吉日、月に叢雲、花に風

昔の人は本当に確信を突いた事を言ってますね。

最後に著書、ヘンリー・ダーカーの晩年の日記に残した言葉で締めたいと思います。

そしていまや、壊れた膝のせいで、長い絵の上に、描くために両足で立つこともとても難しい。
それでも私は挑み、痛みがやってくると座り、また挑む。

何とも情熱を感じます。彼の生涯に興味を持った方は調べてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 探偵日記(鹿児島) | タグ: , | コメントする

飲酒運転は絶対ダメ

最近に限った話ではありませんが物騒なニュースを良く目にします。
凶悪犯罪が毎日のようにニュースとして耳に入りますが、ただ飲酒運転での人身事故は以前に比べ随分と少なくなったように感じます。
今でこそ取り締まりは厳しくなっておりますが、昔は飲酒運転のみの場合、刑罰が軽く、当たり前の様に飲酒運転する人が大勢居ました。
代行運転も今の様に無く、車で居酒屋に来ては、そのまま運転して帰宅したり、泥酔しても2〜3時間休憩取れば運転出来る?なんて事を平気で言ってる人がほとんどです。
今の様に取り締まりが厳しくなった経緯は皆さんも知っているとは思いますが平成18年の(中道大橋飲酒運転事故)が切っ掛けとなります。
翌年には道路交通法改正、飲酒運転の撲滅をスローガンに取り締まりが厳しくなります。
現在に至るまで何度か道路交通法の改正を行い、ようやく今の形となります。
だからと言って飲酒運転が無くなったわけでは無く、少なからず飲酒運転での事故は起きています。
中には教職員、役場職員、時には警察官まで、検挙されています。
法的な罰則に加え、殆どの場合、公務員は懲戒免職、民間企業であってもクビになるなど、今まで積み重ねてきたものが一気に無くなるなど、世間でも飲酒運転に対する考え方は厳しいようです。
失うものと、その場限りの高揚感、リスクを考えれば答は分かりきっています。
有名な標語から、飲んだら乗るなを徹底して、皆さんも個人に限らず周りの人がもし飲酒運転しそうになったら声をかけてあげて下さい。

カテゴリー: 探偵日記(鹿児島) | タグ: , | コメントする